シマノ電動丸3000H、オーバーホール・シマノスペシャルリチウムバッテリー7Aについて

シマノ電動丸3000Hを10月17日にオーバーホールに出していた物が本日(30日)戻って来ました。
値段はオーバーホールのみで部品の交換は無く、税込み3,675円でした。
期間は14日間でした。

画像

私の使用している電動丸は、夢屋のパワーハンドルと電源コードをハイバーケーブルに交換しているため、通電検査機にて点検を行わ無かったとの事でした。皆さんもオーバーホールに出す時は、純正部品に戻してから出すことをお勧めします。
画像

リールのオーバーホールと同時にシマノスペシャルリチウムバッテリー7Aについても、ブレイカーの取り外しをお願いしました。
前回のキハダマグロ、カツオ釣りにおいて、電動丸3000Hとの組み合わせにおいて、魚が掛かる度にバッテリーのブレイカーがかかり、電源が落ちてしまうので、ブレイカーは無い方が良いと思っておりました。
バッテリーはブレイカーの取り外しは出来ないが、この製品については、まれに、ちょとした高電力出力により、ブレイカーが早くかかる製品が混じっているとの事で、対策部品が有るとの事で、部品を交換するとの事でした。
画像

前に、ダイワシーボーグ300メガツインの組み合わせで、同様の事が有り、ダイワのリールを購入した店にリールの故障ではないかと調べてもらった時に、スタッフからシマノの瓢箪型のバッテリーは、発売して直ぐに発火するという不具合が有り、リコールになったとの事、私もその事は新聞を見て知っており、直ぐに購入店にリールを返還しました。その後リコール対策部品に交換してもらい、3週間程で戻ってきました。
その時のリコール対策が、発火しないように電力出力を抑えたリミッターを低く設定した部品に交換したのではないかと事の説明がありました。
そんな簡単なリコール対策って有るのかとも思っていましたが、この釣り具店は、親会社がダイワなので、シマノ製品よりダイワの製品を良く評価するのだろうって思ておりました。
2回同部品でリコールを出すとその製品は原則発売禁止になる場合も有り、メーカーの信用も失うことにつながるので、2回目のリコールは出さず、対策部品が有っても購入者には知らせず、修理の依頼をした人だけに対応するということなのでしょう。その場しのぎのリコール対策だったのかなぁ。
バッテリーは6千円程度で買える物も有ります。シマノのバッテリーは4万円程度する高価な物なので、もう少し購入者の事を考えても良いのでは。
船の上で魚が、かかった時に、ブレイカーがかかり、電源が落ちて、カウンター表示も消えて、必死に手巻きで釣り上げるのは、とても大変でした。
シマノのリコール対策について、記載した内容が事実なのかは不明ですが、私の感想としては、今までシマノの製品を高く評価していたので、事実なら残念です。もうシマノ製品は買いたくないような感じです。

今週末の土曜は、釣り友、松ちゃんとマダイ釣りに行く予定をしております。
バッテリーのこと、つまらないグチのようで、ごめんなさい。
土曜の釣行とマダイが釣れましたら、魚料理、ブログを更新して、皆様に報告したいと思っておりますので、また、哲ちゃんの沖釣りブログ、見ていただければ幸いです。

その後、一週間経過しましたが、バッテリーの連絡はなく、11月9日(月)に上州屋さんへ連絡をしたところメーカーへ確認し連絡をいただけるとの事でした。
回答は製造不具合により、電力丸10Ahの新品に交換するとの回答がありました。
新しいバッテリーが来ましたら、改めて報告いたします。


最後に応援ポチをしていただければ、ありがたいのですが。
船釣り・にほんブログ村、ポチっとクリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月01日 18:13
哲ちゃん、こんばんわー(^o^)丿
いつもブログ訪問ありがとうございます。
いやー魚が食べたい・・・(笑)
これからも釣り頑張って、たくさんいい魚を釣り上げてくださいよ!^^
ではでは、また覗きにきますねーm(__)m
哲ちゃん
2009年11月01日 20:36
いつもコメント、ありがとうございます。
土曜日はタイ釣りに久里浜の五郎丸へ行ってきました。
ぽんさんは久里浜で育ったので、小さいときから新鮮な魚を食べて育ったのでしょうね。
早く景気が良くなって、給料が戻ると良いね。

この記事へのトラックバック