豊島園・管釣り。

 豊島園・管釣り。

画像



 前回のブログ更新から1月は、放流日に2回程、豊島園に行ってました。

 
画像


 1月1回目、夕方に豊島園へ到着。

 アマゾンエリアの奥で釣りを開始します。 直ぐに1匹。

 そして2匹は、初めて釣れたアルビノ↓
 
画像


 この日は、3時間で、まあまあ釣れたように思う。

画像


 2匹程、良いサイズも交じりましたが、練馬サーモンは釣れない。私的には幻の魚になってきた。

 1月2回目の釣行。

画像


 アマゾンエリアの手前側で釣りを開始します。
 15時~19時まで4時間の釣りを楽しむ。
画像


 釣り終了時間の19時は、周りは暗くなる、豊島園はナイター設備も有り、夕方からは比較的空いてきて、アマゾンエリアのキャストも斜めに投げて幅広く探れて釣果も上がり釣りを楽しめる。


画像


 6時間券で持ちかえれるの20匹、上限程度釣れて終了。

画像


 この日も良型が混じったけど、練馬サーモンは釣れない。

 ミシガンエリアで膝下までプールに入って釣りをしないと釣れないのか?

画像


 内臓等を取り除いて、塩でヌメリを取って焼き魚で食べてますが、海で釣れた魚は我が家では妻もニャンズも好評ですが、川魚はそうでもない。ニャンズは数口食べたら見向きもしない。

画像


画像


 大きいのを1匹食べて、他は近所に差し上げてますが、海で釣れた魚より、評判が良く喜ばれているように思う。

 2月10日の日曜日に豊島園に釣りに行ってきた。

 日曜日に行くのは初めて、昼過ぎに到着しましたが、魚より人の方が多い位に思えるほど混雑してました。

 受付事務所の前に有る釣れた時に使う網、タモ・ネットも全て貸し出されて無い状態でした。

 ネットが戻るのを待って、比較的に入れそうなミシガンエリアへ。

画像


 膝下までプールに入り、ルアーを投げ続けるが反応は無い、ルアーもいろいろ変えてやってみたが何もない。

 ちょとでも反応が有れば、続けられるが何も無いと足の冷たさに耐えられなく、30分程で終了。

 そしてナイアガラエリアに行くが、ルアー投げれば周りのアングラーに絡むので、止めてアマゾンエリアに。


 前に数メートルのルアーを入れてリールを巻くが数秒で足元に。混んでるので斜めにルアーを入れられないので、豊島園で購入したマ式に切り替えて釣りをする。

画像


 前に数メートル投げてゆっくりリールを巻くだけ、周りに仕掛けが絡むことが少ない。

 混雑しているが先ずは一匹釣れて、2匹目が釣れるが、隣にマ式が絡んで釣れた。隣は親子連れ、子供が釣れた釣れたと喜んでいるので、魚は譲りました。


 暗くなりはじめると周りの人も帰って行き、釣り場も空いてきて、18時過ぎから19時までに8匹釣れて終了。

画像


 ネットが戻るまで30分位に地元の豊島園に通う人と話込んで練馬サーモンを釣るための情報を教えてもらったが、聞く程に簡単ではないように運もあるが、狙う人には釣れる魚のようにも感じた。
 でも、私には幻の魚と思う。

画像


 我が家のニャンズは、変わらず仲良く二人ヌクヌクしてます。

画像


 3月に入ると船でのマゴチ釣り船も始まるので、それまでに練馬サーモンを狙って豊島園に通いたいと思ってます。

 そして春にはマダイの、のっこみも始まるので管釣りをするのも後少し、練馬サーモン釣りたい。






この記事へのコメント

2019年02月11日 19:53
アルビノは珍しいのでしょうね。
アマゾン、ミシガン、ナイアガラエリアと
名前が付いていて面白いです。
川魚は奥様、さくらちゃん、みかんちゃんは
好みではなくてもご近所さんでは
人気があるのですね。
次回は是非練馬サーモンを釣り上げてください。
ご健闘を祈ってます。

この記事へのトラックバック