イナダのさつま揚げレシピ

イナダのさつま揚げレシピです。
画像

イナダを三枚におろします。
かわを引いて骨を切り落としフードプロセッサーに入る大きさの厚めの刺身を作ります。
イナダの身(500グラム位)をフードプロセッサーに入れます。
塩(塩・・・小さじ1)を入れて10秒位回します。

その後、以下を入れてさらに10秒ほど回します。
砂糖・・・大さじ2  酒・・・大さじ2  みりん・・・大さじ1 
しょうが汁・・・小さじ2   

そしたら、片栗粉・・・大さじ4を入れてさらに5秒ほど回してトレイに移します。

今回はスパーで売っている冷凍のベジタブル(コーン、にんじん、グリーンピース)を混ぜてみました。

画像

箸などで切れ目を入れておきます。
手にサラダ油を少し塗り、トレイから取り出して成形します。火の通りが良いように厚くせず1㎝位が良いと思います。
揚げ油を160°Cに熱して静かに入れていきます。きつね色になったら取り出します。

画像

食べてみるとこれはこれで美味しい。手作りって感じでイナダの味が濃く、舌触りも「しっとり」した感じです。

市販のかまぼこみたいなプリプリした食感のさつま揚げも作ろうと卵白を入れてフードプロセッサーで5秒回してトレイに移して揚げたものがこちらです。

画像

かまぼこみたいなプリプリした食感と言うよりは、ファファした食感になりました。
これも美味しいです。

どちらも市販されているかまぼこみたいな食感とは異なり、しっとりとファファした食感が新鮮でクセになるかもね。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しています。みなさまの応援クリック貴重です。
船釣り・にほんブログ村、


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


クリックをお願いします。クリックしていただくとランキングが上がります。よろしくお願いします。

追加、私(哲ちゃん)は、イナダが釣れて刺身も飽きたのでイナダでさつま揚げを作りましたが、もし家庭で魚屋さんで素材(魚)を購入して作ろうと思っている方は、イナダよりも白身の魚の方がクセが無く、さつまあげには良いと思います。

保存方法について
トレイのままで冷凍保存すれば10日間位は楽に持ちます。食べる前に油で揚げれば美味しくいただけると思います。完成品なら冷蔵庫で保存すれば3日間は大丈夫です。

"イナダのさつま揚げレシピ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント