魚料理用の包丁2

前に魚料理に使っている包丁を紹介いたしましたが、新たに大きなまな板とアジ切り包丁を加えたので紹介します。

画像


左から鋼の出刃包丁
これは4年前に購入したものです。
鋼の包丁は錆びるので使った後は水気を取って保管するようにしています。
切れ味は良いのですが、使う前に砥石で研ぐことは必要です。

左から2番目
こちらは昨年年末にボーナスで買ったモリブデンの出刃包丁です。
錆びにくく切れ味も手入れをしなくても持続しますが、たまに砥石で研ぐことは必要です。
切れ味は良いですが、研いで直ぐの鋼の包丁よりは劣るかも知れませんが、扱いやすく家庭には良いと思います。

左から3番目
鋼の柳刃包丁です。これは鋼の出刃包丁と一緒に購入しました。

左から4番目
銀三の柳刃包丁です。
モリブデン、グレステンに近い素材で切れ味も良く、鋼のように使う前に研がなくても切れ味は持続していますが、
たまに砥石で研ぐ事は必要です。

グレステンの包丁は、切れ味は最高に良いと思うのですが、高価な事や、砥石もダイヤモンド加工の物で研がないといけないようで我が家には無いのです。

右から5番目
モリブデンのアジ切り包丁です。
先日購入しました。
小出刃とアジ切り包丁の違いは、厚さが薄いのがアジ切り、厚いのが小出刃で形、大きさはほぼ同じのようです。

右のキッチンハサミ
これは2分割できるので、研ぎやすく、ステンレスなので錆びにくく使いやすいです。


今、魚料理包丁として使っているのが以上です。

先日、以前に使っていた、まな板の1.5倍位の大きさのまな板を購入しました。
ワラサやカツオ、キハダマグロ、マダイを下ろしているときに、もう少し大きなまな板の方が使いやすいと感じていたので買ったのですが、前回の釣り、何も釣れなく、まだビニールがかぶってます。


どの包丁をどのように使っているかは、また今度紹介しますね。

我が家で一番美味しい料理は、ぎょうざなんです。

ぐや皮にも美味しさの秘密が有るのですが、焼く道具は餃子鍋、厚く重い鉄の物、これで焼くと美味しいのです。

画像


餃子は夫婦二人の時は60コ、今は食べ盛りの甥っ子がいそうろうしているので100コは焼きますが、全て食べてしまいます。

画像


今日も妻はパンを焼いておりました。
明日、友達の所へ持って行くようで袋に入れてました。


画像


仲間内で妻の焼いたパンは美味しいと評判のようで、焼いて持って行くようです。

前回ののっこみマダイ釣りで、ボーズだったので今週末に釣りに行きたいと思ってますが、小遣いが残り少ないことや二週連続の釣行を妻が許してくれるか微妙です。


最後まで見ていただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。

↓船釣り、にほんブログ村をクリックしていただきたく、お願い申し上げます。


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

クリックしていただくとランキングに影響いたしますポイントが加算されますので、重ねてお願いいたします。

"魚料理用の包丁2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント