久里浜、五郎丸で下浦沖のイナダ釣りに行ってきました。

前回の釣行は同船、剣崎のワラサ釣りでボウズ(ゼロ匹)でしたので、平日に仕事をお休みして久里浜、五郎丸でイナダ釣りに行ってきました。

画像




釣行日 2010年8月6日(金)

■釣果・・・イナダ12匹(内イナワラサ1匹2キロ弱約55㎝)

■仕掛け…ハリス5号~8号 6メートル 1本針 クッショクゴム3ミリ1メートル

■ビシ…ダイワシャベルビシ速攻80号

■竿…がま船 グランドアークMH250

■リール…シマノ電動丸3000H、電力丸10、探険丸ミニ

■餌…オキアミ

■水深…30メートル前後

■タナ…下~ビシの位置で10メートル

■船宿…久里浜、五郎丸




平日の金曜日、前回の同船でのワラサ釣りにてボウズだった事も有り、仕事を休んで釣りに行ってきました。

船長、しんちゃんからは、仕事を休んでまで釣る魚じゃぁー無いって言われたけど、ボウズのままはやっぱり落ち着かないのです。


平日だし混まないと思ってノンビリ行ったので船宿に着いたのは5時半、既に5人の釣り人が集まってました。
これから釣り人が集まって来れば、先週の土曜日は8人だったので今日は混むのかなぁーって思いましたが、
私が最後で計6人でした。


画像


釣り座は右舷の道真、(真ん中)になります。

7時に港を出て、下浦沖に10分程度で着きます。

剣崎に行くと思っていたので残念。船長が言うには剣崎はたまにワラサクラスが混じるものの、今はイナダクラスがほとんどの事でした。


下浦沖は港からも近く、確実に釣れるとの事です。

下浦沖に着き、直ぐに釣れる時間、時合いに入りイナダ5本(ハリス6号)を1時間の間に釣り上げました。

その後は食いも止まり、ポツリポツリになりましたが竿納の14時まで計12匹、6人中トップ竿頭でした。


バラシが5回も有り、反省する所も多く有りました。

前回のワラサ釣りでハリス8号で唯一のアタリをハリス切れで終わった事も有り、下浦沖でも8号を使って見ましたが、下浦沖ではイナダは8号ではアタリは一度も有りませんでした。

食ったのは6号以下のハリスでした。

前回使用した竿、リールは、がま船レッドアーク50ー300とダイワシーボーグ300メガツイン、レッドアークより粘りも有り、しなやかなグランドアーク、リールも楽釣モードの有る電動丸を今回使用したので、あたった魚は12本全てビシは船に上げれらましたが、取り込みまでに5号は全てハリス切れ、針折になったので、ハリスは6号がベストと思います。

一匹イナワラサ55㎝2キロ半越えも混ざりましたが電動丸の楽釣モードはドラック調整に気を使わなくても魚の引きに合わせて電動の強弱を自動でしてくれるので、良いですね。

画像


朝一番で5本のイナダが釣れましたので、トモでアジが混ざって釣れていたことも有り、我が家の猫、みかんはアジが大好き、そこでタナを少し下げてアジを一匹ゲットしました。

画像


ご主人様は、釣りに行っているニャー、スヤスヤ

画像


数ヶ月前までカリカリ以外は食べなかった猫、みかんでした。

釣りたての刺身をあげても見向きしなかったのですが、最近~食べるようになりました。

ただし、釣った当日の新鮮な刺身だけ、翌日の刺身は食べません。


画像


家に着くまでに4本を配って、1階の管理人さんへ2本あげて、残り6本になり、同マンション2家族に2本づつ配って、何とか2本までに減らせました。

前回の釣行でのワラサ一匹を3日間かけて食べたのでこの2本を食べ終わるまで数日はかかります。

どう料理して食べるか悩むところです。


平日のイナダ釣り、竿頭になれたことも幸運の一日、楽しい釣りができました。

久里浜、五郎丸の船長「しんちゃん」ありがとうございました。

オススメの釣り船ですので、一度乗って釣行してくださいね。



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


こちらもポチッと応援クリックをお願いいたします。

"久里浜、五郎丸で下浦沖のイナダ釣りに行ってきました。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント