剣崎間口港の喜平治丸でヤリイカ釣りに釣友、松ちゃんと行ってきました。

 剣崎間口港の喜平治丸にヤリイカ釣りに行ってきました。

画像


 久しぶりの船での釣りです。

 3月の初めに釣行の予定をしていたヤリイカ釣り、地震の影響も有り、延期にしていました。

  
 5月の連休は、毎年ほぼ、釣り友3人で久里浜の黒鯛釣りに行ってましたが、今年は黒鯛が釣れ出すのが遅いようで、延期していたヤリイカに釣行する事にしました。

 ゴールデンウィークの三連休の中日、相当船は混雑すると思い、前日に喜平治丸に連絡すると客が多い時は、3船出すとの事、船は喜平治丸に決定です。

 
画像


 出船は、5月から5時30分になりましたので、4時過ぎ船宿に着きましたが、駐車場は思ったより空いていました。

 宿に入ると数名の釣り人がいました、思ったより少ない事に驚きです。

 集まった釣り人は16人程度、船は一船です。
 船長と仲介(スタッフ)さん3人で計4人体制ですのでオマツリ等のトラブルも安心して釣りができるように思ったこと、喜平治丸は船が大きいので片側8人ならオマツリも少ないでしょう。


 そんな事を思いながら5時に乗船します。

画像


 釣り座は左舷のトモ(後)から2番目が釣友、松ちゃん、私は3番目となりました。

 釣り場まで30分、水深は210メートル、反応は170メートル~底まで有るとのアナウンス、一投目の投入です。

 今日の竿はシマノ、ネルビオ4(1.8mの繋ぎ無しの1本竿)この竿はアジ、イカ等の重り120号~150号の釣りに使ってますが、微妙なアタリもわかる、お気に入り竿です。

 リールはダイワシーボーグ300メガツインです。

 重り120号、イカ角6本、11㎝4本と14㎝1本、スッテ赤白1本の仕掛けで挑戦です。

画像


 投入1回目からパラソル級のヤリイカが上がってきます。

 この大きさになるとアタリもグッと来るし、投入3投目まで大きなヤリイカが1匹づつですが、順調に釣れます。
  
 スルメは混じらず、ほぼパラソル級のヤリイカ、直ぐに4匹の大きなヤリイカが釣れて我が家の食べる分は確保、安心して釣りを楽しめます。


 その後はサバの猛攻に会い、移動の繰り返し、ポツリポツリ、ヤリイカが釣れます。

 12時半までの納竿まで、釣果はヤリイカ9匹でした。

 11㎝角に8匹、白赤スッテに1匹でした。

 スルメイカ用の14㎝のブラ角にイカは乗ることは無かったです。

 釣友(松ちゃん)は10匹の釣果となりました。

 釣れてる人、一人か二人は多分、30匹以上の釣果と思います。

 (船のスタッフが釣れない人に差し上げるため、釣ってましたが、名人です。前にマルイカの時に数匹しか釣れなかった時、名人は50匹以上釣ってました。)

 年に1回~2回程度のイカ釣り、腕の差が釣果にハッキリ出る釣りでも有ります。

 1、2匹しか釣れない人も有り、船のスタッフから釣ったイカをもらっていました。

 私たちは釣果は、左舷ではまぁまぁのようです。
画像


 船から上がり、宿に戻ると、↓喜平治丸はラーメンが食べれます。
画像


 ヤリイカ釣り、我が家ではタイやアジ(魚)を釣って帰っても妻は調理してくれませんが、イカは妻が全てしてくれるので、大好きな釣りです。
  
 イカは新鮮で透明な時に食べるイカ刺は最高に美味しいです。

 そして冷凍保存した後の料理も美味しいです。

 釣りから帰った夜は、甥っ子家族3人、我が家に集合にて、もんじゃ焼きでした。

 イカは冷凍保存しました。


 翌日は甥っ子と近所の祭りに行きました。
画像


 5月5日は、しょうぶ湯に入る日、いつもこの祭りでしょうぶを買ってます。
画像

 夜店は50店以上出る祭り、毎年行ってます。

 我が家のネコは、↓

画像


 我が家の猫、「みかん♀」 イカは食べれないから次は魚を釣ってこぉーいって、ちょと不機嫌そうでた。

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
 
  船釣り、にほんブログ村ポチっと応援クリックをお願いします。 

"剣崎間口港の喜平治丸でヤリイカ釣りに釣友、松ちゃんと行ってきました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント