釣った魚の料理(イサキ)と鎌倉のデジイチ撮影。

 釣ったイサキの料理
 パナソニックデジイチ、ルミックスでの鎌倉撮影にて更新いたします。

 先ずは釣った魚の料理、イサキからです。

画像


 釣りに行った日は、我が家で猫会の飲み会が開かれていて、釣ったイサキ等をおみやげに差し上げておりました。

 差し上げたイサキをタイ飯風にして、食べたそうで、美味しかったとのこと、我が家でも、イサキをタイ飯風、炊き込みごはんにして食べてみました。

 我が家の鯛飯のレシピは、過去に紹介しております。

http://wanganfish.at.webry.info/200911/article_8.html

 「鯛めし」 レシピはこちらを参考にお願いします。

画像


 鯛飯のような、マダイから出る上品な出汁がイサキでは出ないように思い、少し醤油を入れて炊き込みました。
 これはこれでとても美味しかったです。


 イサキは釣ったその日に刺身で食べるとプリプリ感が有って、美味しいのですが、伊豆の下田、柿崎から帰るには、片道3時間半の車の運転で疲れてしまい、当日の料理は無理でしたので翌日から料理して食べてます。
 
 イサキの鯛飯風、炊き込みごはんを食べた感想は、ちょとシーチキンを素材にしたような感じに似てました。

 釣った日から3日目のイサキは、中華風甘酢あんかけにしてみました。

画像


 イサキも釣ってから3日目になると臭みも出るように思え、イサキの身に小麦をつけて、油で揚げて、中華風甘酢あんかけを上に掛けて食べてみました。

 
画像


 イサキの身の臭みは、まったく感じられず、プリプリした実に甘酢あんかけが、よく合って、とても美味しかったです。

 そしてちょっと疑問に思った事が有って、またまたタイ飯風、炊き込みごはんを作ってみました。
画像


 素材が真鯛でないと上品で素朴だけど味の奥深い、鯛飯(魚の炊き込みごはん)にならないのかって不思議に思い、魚屋で買ったサーモンでも炊き込みごはんを作ってみました。

画像


 イサキと同様で、鮭を素材に炊き込みごはんを作っても、美味しい・・・でもマダイのような上品な炊き込みごはんには、ならないということが、わかりました。

 真鯛って出汁が出る魚なのですね。

 次回も6月初めマダイ釣りを予定しているので、今度は、なんとか小さくてよいので、マダイを釣って帰りたいです。

画像


 妻が久しぶりにパンを焼いたので、掲載します。

 妻の作る手こねパンは、美味しいです。

 連休も終わり、長ーい一週間が過ぎ、12日の土曜に鎌倉にデジイチ撮影に行ってきました。

画像


 長谷寺です。 

 そして大仏です。
画像


 デジイチを買って撮影を初めて半年、なかなか上手に写真を写せないけど、いつか満足の行く写真を写せたらいいなぁーって思います。

 当面の目標は、次回の釣りで、マダイを釣って、美味しい鯛飯を食べることかなぁー。
画像


 我が家の猫、みかんも釣りたての魚を待っているようです。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

 ↑ポチッと応援クリックをお願いします。

"釣った魚の料理(イサキ)と鎌倉のデジイチ撮影。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント