久里浜、五郎丸のムツ五目船で赤ムツ釣りに行ってきました。

 久里浜、五郎丸のムツ五目で赤ムツを釣ってきました。
画像


 平日の月曜日(平成25年6月3日)に仕事が休める事になり、釣り友、松ちゃんと赤ムツ釣りに行こうと話をしておりましたが、松ちゃんは、仕事が休めなくなり、単身で釣行しました。

 平日ならそんなに船も混まないと思い、ややゆっくり家を出発し、港に5時30分に着きました。

 五郎丸の赤ムツ船、既に3人の釣り人が集まっており、私で4人目となります。
 その後2人が来て、本日の赤ムツ船の剰員は6名となりました。


 私の釣り座は、右舷のミヨシ、船の一番前となりました。

画像


 船に乗船すると船長が本日のムツ五目の餌であるサバの切り身を準備してます。
 7時過ぎに港を出発、ムツ五目釣りの始まりです。
 港を出て直ぐに久里浜沖の釣り場に着きます。


 船長より水深は150~180m、重り(120号)が底に着底したら2メートル重りを上げてアタリを待つようにとの事です。
 また、水深が変化するので5分程度に一度は、重りの位置を確認するようにとの説明もありました。


画像


 ムツ五目で用意した仕掛けは、自作の仕掛け6セットと市販の2セット、計8セットの仕掛けを持参しました。
 
 市販 ムツ針16号の3本針、ハリス6号枝45㎝、幹糸8号 90㎝ 全長2.7m
 自作 ムツ針16号の4本針、ハリス6号枝50㎝、幹糸8号100㎝ 全長3.3m


 仕掛けを投入すること数回、重りを2メートル上げる途中に赤ムツらしきアタリ、他の魚は、ある程度引き上げるとあばれなくなりますが、赤ムツは、水面まであばれます。

 100m上げても竿がクーンクーンと魚の抵抗が感じられ、これは赤ムツだろうと思っていましたが後残り数十メートルで竿が、ガクッとして針から外れたようで痛恨のバラシです。


 竿は初めて使う釣り友、松ちゃんから譲ってもらったグラス1本の100号竿です。
画像

 
 松ちゃんは、この竿でカツオ、メジマグロ釣りの時に使ってましたが、ムツ五目でも使えると言っていたので、持参しましたが、ちょと硬いように思えます。

 その後、ポツリ ポツリと赤ムツが他の人に釣れてます。
 私に釣れるのは、白ムツ、カサゴ、どんこ等は釣れますが、本命の赤ムツが釣れません。 

 昼前に船中6人の内、4人は既に赤ムツが釣れ、釣れて無いのは2人になり後半の午後に入ります。
画像

 赤ムツらしき食いは有るものの、口に餌を入れてからムツ針が掛からない? 竿がクンクンすると竿が跳ねていて、針抜けしているように思えました。

 そして赤ムツが釣れて無い5人目にも赤ムツが釣れて、本命の赤ムツが釣れて無いのは、私一人となりました。

 釣り時間の終了が近づく中、私には赤ムツは釣れない気持ちになり、ブログのタイトルに「東京湾のアカムツは幻の魚だった」と言う文字が頭の中に浮かびだしました。

 仕掛け作り等の購入でお世話になった上州屋、神田店の店長、五郎丸の釣行ブログをメインにしているので、ここで赤ムツがボーズ( ゼロ 0 )と言うブログ更新も情けないと思い、落ち着けと心に言い聞かせて、なんか釣れる方法は? 

 竿が硬いならリールのドラグを緩めて餌を食いこませれば?良いと思い実行しました。


画像


 竿納前の最後の場所で、なんとか赤ムツらしきアタリに合わせられ、上げる途中もバタバタとあばれている。

 赤ムツだぁー、船長もタモを持って駆け寄って来たぁー ここでバレたらどうしょう 
 
 なんとか赤ムツを釣ることができました。


画像

 本日釣果 白ムツ 4匹  ・ カサゴ 7匹 ・ ドンコ 3匹
  そして本命 赤ムツ 1匹 でした。

 船中は、赤ムツ 5 ~ 1 匹 でした。

 我が家の猫 「みかん」も白ムツの刺身を食べてご機嫌でした。  
 
画像

 
 ブログ村のランキングに参加しております。みなさまの応援クリックをいただけると、うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

 最後に一番↓に同じマークが有りますので、ポチッとクリックをお願いします。

画像


 次回は、釣った赤ムツ等の料理をご紹介いたしたいと思ってます。

 チョー美味しかったです。 アカムツって 「美味しい」 と言うと 妻が 煮方が上手いからだーって言われました。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


 クリック ↑お願いします。 ペコリ  

"久里浜、五郎丸のムツ五目船で赤ムツ釣りに行ってきました。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント