続、久里浜、五郎丸のムツ五目船て゜沖釣りに行ってきました。

 8月2日(金)に久里浜、五郎丸でムツ釣りに釣行いたしました事を前ブログで報告しておりましたが、今回は釣果等の報告をさせていただきます。

画像


 自宅を4時に出発し久里浜港に5時過ぎに到着しました。
 五郎丸の釣り座は、先着順に選びます。 船の前に有るムツ五目と書いてある看板にクラーを置き、乗船の時に釣り座を選びます。
 
 既にクラーが4つ置かれてました。私は5人目となります。

 前回(7月18日)も同船にアカムツ釣りに港まで来ましたが、強風で船が出なく帰ってきましたが、今回は、風も無く天候は曇り、無事に釣りができそうです。

 船宿で料金7,500円(マリネス割引500円有り)、氷100円を払い、ちょと一休みです。

 ムツ五目船の乗船料金は、マダイ船等と比べるとちょと安いです。それはコマセを使わないので、その分が割引のようです。

 6時に船に乗船します。
 8月2日に五郎丸のムツ五目船に集合した釣り師は5人となりました。

 他の4人が釣り座を選び、私は最後に残った釣り座となりますが、左舷の一番前、ミヨシとなりました。
画像


 ムツ五目の道具、仕掛けは以下のとおりです。

○ 竿    がま船 グランドアーク MH250
○ リール シマノ電動丸 3000H 電力丸10A
○ 重り   100号又は120号

○ 仕掛けは、市販の物を購入しました。 
  ムツ針16号 ハリス6号45㎝ 幹糸8号 間90㎝ 全長2.7mの3本鈎 この仕掛けに自作で作った鈎を1本追加して、4本鈎とし、全長3.3mとしました。


 6月にも本命アカムツ釣りに釣行しておりましたが、アカムツが釣れたのは、一番上の鈎でしたので、アカムツは底だけではなく、少し上にいることも有ると考え、1本鈎を追加しました。

 そして、その時の竿頭は、集魚灯を付けた方だったので、私も今釣行は持参しました。


 餌は、船長から渡されるサバの切り身を使います。

画像


 乗船し準備をしていると船長より集魚灯を付けると外道の魚、エチオピアが釣れるから付けるなら小さいのを付けるようにとの説明が有りました。

 エチオピア? んんん・・・・・ エチオピア って何? 外国人?

 三郎船長に聞くと両手で丸の形を示し、こんな魚と言う ・・・・ 食べても美味しく無いらしい。


 集魚灯は、掲載の写真の右の電池を使うタイプでは無く、左のケミホタルを使う小さめの物を使うこととしました。

画像


 港を出発し15分程度でアカムツが釣れる場所に着き、釣りを開始します。

 水深は150m~190m 重りが底に着いたら2m程、仕掛けを上げてアタリを待つ釣りです。

 船が動くので水深が変化するので数分に一度は、仕掛けの位置を確認するようにとの説明が船長より有りました。


 仕掛けを投入すること2回目にアカムツと思われるアタリが有り、グーン グーンと竿が海面に刺さりました。軽く合わせて仕掛けを巻き上げます。

 30メートル上げても竿がバタバタ動く、80メートル上げても魚があばれている状態が続き、これは本命の赤ムツだろうと思い慎重に上げて行きますが、痛恨のバラシでした。
 

 食いが浅かったようです。

 そして次もアカムツのアタリ、これは強い引き、100m上げてもあばれてますが途中でガクッとなり、またまたバラシました。

 上がってきた仕掛けを確認するとハリス切れでした。

 6号のハリス、普通は切れる事は無いのですが、ハリスを見ると鈎との結び目が切れたようです。

 一番上の自分で結んだハリスだったら気持ちも落ち込みますが、買った仕掛け、結び目が甘い事も有ると心に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせます。

画像


 しかし、その後に釣れるのは、白ムツばかり。
 シロムツは、クーンクーンとアタリ、その後は仕掛けを上げても重いだけです。
 7匹、シロムツが釣れました。

 そしてドンコも釣れます。
画像


 ドンコは5~6匹釣れましたが。
 職場の釣り友、松ちゃんがドンコは味噌汁に入れると美味しいと言ってましたが、ちょとプヨプヨしていて調理するのも気持ち悪そうで、全て放流しました。 
 深い底から上げたので、底に戻る事無くウミネコに食べられてました。


画像


 他に釣れた魚は、ノド黒カサゴ6匹でした。

 赤ムツのアタリが朝方2回有りましたが、バラしてしまい釣果に繋げられなかった事が残念でなりませんが、東京湾のアカムツは幻の魚とも言われているので、毎回の釣行で釣れたら幻では無くなるので今回は、他の魚もまぁまぁ我が家で食べるには十分に沢山釣れたので、満足しています。 

画像


 他の釣り人も朝方にアカムツのアタリが有ったようでしたが、食いが浅く途中でバレた事を聞きましたので、今日のアカムツの地合い(アカムツの釣れる時間帯)は、朝方7時~9時だったと思われます。
 
 船中5人、アカムツは0匹でしたが、他の魚が釣れて一日十分に楽しめました。

 五郎丸の皆様、楽しい釣りを提供いただき、ありがとうござます。


 釣った当日は、我が家の猫、みかんも刺身を食べれて満足そうでした。
画像


 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

 ↑ポチッと応援クリックをしていただきたくお願いします。

画像


 次回のブログ更新は、釣った魚の料理をご照会いたしますので、良かったら見にきていただけると、嬉しいです。
画像


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

 ポチっと応援クリックを忘れないで、宜しくお願い申し上げます。 

"続、久里浜、五郎丸のムツ五目船て゜沖釣りに行ってきました。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント