マダイ、ワラサそしてトラウト釣りについて

 船での沖釣りで、マダイ又はマゴチ釣りを考えておりましたが、釣り仲間と相談の結果、城ケ島の海上釣堀に行きました。

P6170005.JPG

 今までの数回の釣りでは、シーバスロッドとスピーニングリール、ウキでの釣りをしていましたが、今回は釣り船で使っているライトマダイロッドにシーバス釣りで使っているモアザンベイトリールを使用しウキ無しのみやく釣りにしてみました。

 ウキでアタリを見る代わりに竿の曲がりでアタリを見る事に・・・リーディングSS一番柔らかい竿。

 13時~16時までの3時間の釣り、開始して直ぐに竿が曲がりマダイを・・・また直ぐに連続してマダイが釣れる。

 釣り開始後10分も経たないのにマダイ2枚・・・しかしその後は反応が無い時間が長く続く、釣り仲間や他も釣りを開始して一時間半誰も釣れていない。

 みかねたスタッフが釣れてる私以外の人に着ききりでエサのペレットをまいて活性を上げて釣らせるようにしているが、この日は魚の活性が引くく厳しい状況でした。

 後半に少し魚の食い気も上って釣れ始めて終了。

P7060010.JPG

 前回に開成水辺フォレストスプリングスに釣行した時にスタッフから今水槽にいる大きめのトラウトを放流したら、夏場の高い水温でも元気でいられる小さ目のトラウトに切り替えて放流すると聞いておりましたので、大きめの魚が残っているうちに行こうと釣り友と約束してました。

P7060009.JPG

 大きいトラウトは水温が高くなると生きられない。

 高い水温でも生きられる養殖魚は小さめになるらしい?。
P7060021.JPG

 2人で釣行・・・7時過ぎに到着して釣り開始。
P7060011.JPG

 そこそこ魚の活性は高くヒットする。
P7060012.JPG

 でも、釣れる魚は小さい。 大きい魚はジャンプして見えるけど、ルアーを追わない。
P7060013.JPG

 ここで、過去にヒットの多いミノーをいろいろ試してみるが、釣れるのは小さい。
P7060014.JPG

 表層、中層、底とルアーを流す水深を変えてみるが、小さ目しかヒットしない。
P7060015.JPG

 1ボンドの池から3ボンドに移動して釣りを再開始するが・・・サードボンドでも釣れるのは小さい・・・。
P7060017.JPG

 サードボンドはファストボンドより日当たりが良く水温が上がるので6月中頃から魚の放流を止めてると聞いていたが、魚は釣れる。

 大きい魚の姿も見えているが、ミノーに反応し口を使う魚は小さいのばかり・・・。

P7060018.JPG
 少しだけ大きい魚も釣れるが、持ち帰るのには寂しいけど、釣り友が田舎のおばぁちゃんに送ると聞いていたので、先ずは1匹目をキープ。
P7060019.JPG
 これも満足する大きさでは無いが、取敢えずキープした。
 
 前半の午前中に二桁は釣れてるけど、持ち帰れそうな魚は2匹、後は全てリリース放流した。

 釣り友も午前中はそこそこ釣れているが小さいので全てリリースしているとの事。

 食事をして午後は、二人で持ち帰れる大きさを8匹釣れる事を願うだけ。

P7060020.JPG

 午後も魚の数は釣れるけどなかなか大きいのは釣れないが、何とかまぁまぁのサイズが3匹釣る事ができた。

 釣友は3匹キープしている。 

P7060023.JPG

 二人で10匹を持ち帰れる。

 今回は、全て釣り友が、田舎のおばぁちゃんに送りたいとの事で、持ち帰ってもらいました。

P6190008.JPG

 トラウトのフライにムニエルにして食べてます。 猫も食べてくれます。

 釣れた魚を近所に配ってます。

 鯛とワラサを差し上げた所からお返しに、朝もぎトウモロコシをもらえた。
P6180007.JPG

 スイカもいただきました。

 妻は私が釣ってくる魚よりお返しのフルーツ等をよろこくでます。 

 甥っ子が魚をさばくのが好きで、先日に包丁をプレゼントした。マダイの三枚おろしを妻がおしえていた。

 また、魚をさばきたいと甥っ子がラインしてきたので、近い日に釣りに行きたいと思ってます。

  






"マダイ、ワラサそしてトラウト釣りについて" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント